チケットのコリレーション

チケット数を削減する

Whitepaper Image

チケットの殺到を制限 – チケット数を最小限度に抑える

モニタリングソリューションは互いに隔離されていることが多く、互いが関係性を認識することができないため、通常はその内の1つだけがエラー処理を担当しますが、停止状態が発生した場合は、部門ごとに複数のチケットが開かれます。したがって、システム内の関係性を認識、表示および評価し、担当部門向けに単一のチケットを作成するのは理にかなった方法です。これにより、企業内の労力とチケット数の両方が削減されます。

当社のソリューションがお客様の労力とコストを削減する方法をご覧ください。